障害年金のことなら
宇和社労士事務所に
お任せください

障害年金とは、病気やけがが原因で、日常生活に支障がある場合に、国から支給される公的年金です。 公的な制度でもあるにも関わらず、誤ったイメージや誤解も多いため、本来であれば受取る権利のある方でも受給していない方が大勢いらっしゃいます。

身体障害だけでなく、
精神疾患も対象となります

障害年金は身体の障害はもちろんうつ病、統合失調症などの精神疾患やガン、脳卒中、心臓疾患、糖尿病などの生活習慣病を含め多くのけがや病気も対象となるのです。
精神疾患イメージ

障害年金受給を社労士に
依頼するメリット

  • わからないことを解決して安心申請
  • 訪問時間削減で忙しくても申請可能
  • 迅速・適正な処理で経費削減
障害年金は障害に該当すれば、黙っていても役所が自動的に支給してくれる訳ではなく、自分で手続きをしなければなりません。

しかし、障害年金は手続きが複雑であり、医師の理解不足により適切な診断書の作成ができずに年金を受給でないこともあります。

障害年金を受給するべき人に適性に受給していただきたいと考え、宇和社労士事務所ではサポートが必要な方に必要な情報を提供いたします。

宇和社労士事務所の特徴

診断書作成のアドバイス

医師
最初に提出した診断書によって決定された障害認定を覆すのはとても難しいことです。
医師に最初に適正な内容の診断書を書いていただくことが重要です。

宇和社労士事務所では、診断書作成のアドバイスをしております。
病歴就労状況等申立書

病歴就労状況等申立書の作成のアドバイス

障害年金の障害認定のポイントは、病気やけがによって生活や仕事がいかに制限を受けていることを示すことです。
そのことを自分で申し立てるのが「病歴就労状況等申立書申立書」です。

宇和社労士事務所では「病歴就労状況等申立書申立書」の作成のアドバイスをいたします。

適切な手続のアドバイス

アドバイスイメージ
宇和社労士事務所では、日常生活で不便に感じていることや症状などを記載した資料を作成します。
その資料と障害認定基準を記載した書面を医師に手渡し、診断書の作成を依頼します。
このことにより、医師は適切な診断書を作成することができます。
そして、適正な障害年金を受給することができます。

宇和社労士事務所では適切な手続のアドバイスのサポートをいたします。

障害年金なんでも出張相談会

出張相談会イメージ
「自分は受給できるのかな?」
「書類は何を用意すればいいの?」など、
障害年金の専門家がわかりやすくご説明します。 ご本人様でなくても、ご家族様がお越しいただいても結構です。

今週のニュース

  • 2020/10/20コロナ倒産600件 東京商工リサーチ19日、東京商工リサーチの発表によると、新型コロナ関連の倒産が600件に達し、10月に入っても、増加のペースは、ひと月で100件を記録した9月と同様となっていることが明らかになった。飲食、アパレル、宿泊の業種で件数が多い。小規模零細企業を中心とした倒産は、今後加速する可能性もあるとしている。
  • 2020/10/21年金機構手続き遅れで過払金約4,000万円回収不能に会計検査院は、日本年金機構が公表した200万円以上の過払金事務処理ミス(178件)について調査した結果、そのうち68件は過払分の全部または一部が時効期限を過ぎており、請求できなくなっていたことがわかった。返納手続きの遅れが原因とされているが、機構はこうした事態を把握していなかったとし、検査院は機構に改善を求めるとともに、厚労省にも指導監督を要請した。
  • 2020/10/23感染対策における年末年始の休暇延長を企業に要請へ 政府は、23日の新型コロナウイルス分科会で年末年始の感染対策に関する提言をまとめる予定。2021年は1月4日を仕事始めとする企業が多く、休暇期間が短いと人の移動が特定の日に集中しやすことから、帰省や初詣の混雑を避けるためにも、11日の祝日まで休暇延長を促す。長期の連休や分散休暇にするよう企業に働きかける。

障害年金無料相談受付中

障害年金のご相談・ご依頼は宇和社労士事務所にお気軽にご相談ください
相談料0
受付時間 8:00~19:00
土日祝対応OK
0797-74-3810
メールフォームのページへ